新春特別企画「易と陰陽五行から時の趨勢を読み解く講座」(2020/1/14)

2020年1月14日火曜日の夜、こやまとしのりさんの「易と陰陽五行から時の趨勢を読み解く講座」を中野サンプラザの研修室で開催致します。

1回受けきりの単発講座となります。予備知識が一切なくても楽しんで学べる講座です。初対面の方でも、おひとり様でも全く遠慮なく、ぜひお気軽にご参加ください。

【主催】 四次元アイ https://4jigen-i.com/

【日時】 1月14日(火) 18:15~20:45 終了後、有志で懇親会あり。

【場所】 中野サンプラザ 8階研修室12(東京都中野区中野4-1-1)。

【会費】 8,800円(懇親会費は別途3,300円。希望者のみ。事前申込制)。

【定員】 24名。

【申込】「イベントお申込みフォーム」からお申込みください。
1.フォームにご記入・ご送信ください。
2.折り返し、お振込み先口座のご案内をいたします。
3.ご入金確認をもって正式お申込みとさせていただきます。

【講座案内】
帝王学として学ばれる易や陰陽五行などの、2000年以上の時の摩擦に耐えてきた学問は、自然界の理(ことわり)から解かれたものです。

陰陽五行(算命学・四柱推命学)=命(メイ)
易=卜(ボク)

命(メイ)とは、暦による時間計算によって導き出すものです。
卜(ボク)とは、共時性から読み解く、象徴学的な見方です。

陰陽五行から読み解く「命」=合理情報と、易から読み解く「卜」=非合理情報から、混迷の2020年~を読み解きます。

・これから何が起こる?
・時流には周期がある
・皇族の動きはキーになっている
・集合無意識の動きを「兆し」から読み解く
・外応(がいおう)の概念とその判断の仕方
・合理情報と非合理情報の両方から象徴を読み解く
・東洋思想的観点から見る2020年以降~運氣の波に乗る方法

今講座では、2020年だけではなく、今後もずっと使い続けることができる時の趨勢の読み解き方のコツを学ぶことができます。

主に経営者向けの内容ですが、易と陰陽五行の予備知識がなくても講座を楽しめるように、基礎的概念からわかりやすくお話致しますので、どなた様でもご参加頂くことができます。

2020年以降の流れを読み解き、素晴らしい一年のスタートを切る。
実践的な使える東洋思想を皆さまにお伝え致します。

【タイムスケジュール詳細】
18:00 ~開場・受付開始
18:15 ~講座スタート
20:45 ~終了
講座終了後、近くの中華料理屋さんで食べ飲み放題の懇親会あり(希望者のみ)
こちらは、事前申込制で会費は3,300円(税込)

【講座会場の詳細】
「中野サンプラザ」8階 研修室12
東京都中野区中野4-1-1
https://www.sunplaza.jp/access/
<アクセス>
JR・地下鉄東西線「中野駅」徒歩3分

【講師のこやまとしのりさんのプロフィール】
1976年、石川県生まれ。米農家の三男として生まれる。
大学を卒業後、住宅販売会社に就職するも、人間関係に悩み6ヶ月で退職。
以後、食品会社、アパレル会社などへ次々と転職を果たすも、長続きせず、職を転々とする。
ネガティブな理由で会社を次々変える自分に嫌気がさし、「次に就職した会社は全てが最高のときに会社を辞めて独立する」という目標を掲げ、自分を鍛え上げるため、26歳のときに、当時最も過酷な職種と言われた運送業のセールスドライバーに転職。
ドライバーの仕事をしながら、以前から興味のあった占いや古典の勉強を始め、東洋最古の古典といわれる古代中国の書「易経」と出会い、その奥深さに衝撃を受ける。
易経や東洋思想の勉強を続けながら、ドライバーとして8年半勤務。
人間関係、お金、仕事の充実度、あらゆる面で最高の時だと感じた2011年、「全てが最高のときに会社を辞めて独立する」という志を貫き、会社を辞め、上京。
「コヤマオフィス」を立ち上げ、以後、易経、陰陽五行をメインとした東洋思想の講師業をスタートさせる。
これが好き / 読書、音楽鑑賞(バッハ、ベートーベン・・)、思想・哲学、東方神起、 鶏唐、タコ唐、ビール、ドイツ、北欧、温泉、花、梅・・

こやまさんのブログ
http://blog.livedoor.jp/k_toshi444/