「潜龍講」スピンオフ企画 第二弾!(2/25)

★満席になりました★
お蔭様で満席になったため、受付を停止しております。

~星平会海(東洋占術)から見た曼荼羅密教~

道教と密教(仏教)
中国は、仏教(その一宗派としての密教)と道教の、戦いと融合の舞台でした。
道教は、陰陽五行説を起点に易、奇門遁甲、四柱推命などの占術を、そして中医学、気功、瞑想法に発展しました。お大師様(弘法大師)の入唐求法の旅は、密教と道教の戦場視察の旅、私は真言密教の成立に、道教が大いに影響した、と考えております。
孫悟空で有名な「西遊記」、源流は中国密教の秘伝書と思います。道教の古典「封神演義(ほうしんえんぎ)」のキャラクターが敵役として登場します。封神演義にも強力なインドの呪術師として釈迦如来はじめ仏教のキャラクターが描かれます。
両者の争いは政治をも巻き込み、敗れた仏教は大弾圧を受け、お大師様(弘法大師)の帰国後まもなく、密教は中国の歴史の表舞台から退場します。その代わりに日本で真言密教、天台密教として花開きます。天台密教は道教の洗礼を受けていない点に、両者の相違を私は感じます。

道教の最終兵器「星平会海」
星平会海は、中国・明代の占術で、星(ホロスコープ:七政星学)、平(四柱推命)、それに紫微斗数、宿曜の4つを融合します。今回の参加者には、星平会海の星図表をプレゼントいたします。(ご希望の方は2月20日(木)までに、生年月日・可能であれば時間、生まれた都道府県、性別、送付先メールアドレス等を主催者にお伝え下さい。)占術は素人ですが、本年の運勢を解説いたします。(個別鑑定を行う訳ではありません。)
中国の僧侶、現在でも現世利益には道教の技法を併用するケースも多く、私も実は、年に数回、占います。ライバルであった星平会海を知ることで、逆に密教の特色が見える、と私は考えております。

【日時】 2月25日(月) 18:30~20:30 終了後懇親会あり

【場所】 中野サンプラザ 7階研修室9(東京都中野区中野4-1-1)

【主催】 四次元アイ https://4jigen-i.com/

【会費】 5,000円(懇親会は別途)

【お申込み】お蔭様で満席になったため、受付を停止しております。
当サイト「イベントお申込みフォーム」からお申込みください。
1.フォームにご記入・ご送信ください。
2.折り返し、お振込み先口座のご案内をいたします。
3.ご入金確認をもって正式お申込みとさせていただきます。

【ファシリテーター】 沼田 榮昭(ぬまた えいしょう)
楽天、サイバーエージェントをはじめ60社以上の株式公開を成功に導いた「名うての公開請負人(日経新聞)」。「流れを変える人になる、流れを変える人を応援する」をモットーに、現在も資本市場、中国を軸に投資活動を展開中。成功者の、成功の瞬間・成功の現場に数多く立ち会う。2007年に得度(高野山真言宗)。