牧野宗永さん「『般若心経』の認識論からみるAIのシンギュラリティ」(3/9)

2020年3月9日月曜日の夜、牧野宗永さんの「『般若心経』の認識論からみるAIのシンギュラリティ」を中野サンプラザの研修室で開催致します。

1回受けきりの単発講座となります。予備知識が一切なくても楽しんで学べる講座です。初対面の方でも、おひとり様でも全く遠慮なく、ぜひお気軽にご参加ください。

【主催】 四次元アイ & レイライン https://4jigen-i.com/

【日時】 3月9日(月) 18:20~21:40

【場所】 中野サンプラザ 7階研修室9(東京都中野区中野4-1-1)

【会費】 8,800円

【定員】 8名

【お申込み】当サイト「イベントお申込みフォーム」からお申込みください。
1.フォームにイ申込ベント名を記入・ご送信ください。
2.折り返し、お振込み先口座のご案内をいたします。
3.ご入金確認をもって正式お申込みとさせていただきます。
https://4jigen-i.com/page-34

【演題】
「『般若心経』の認識論からみるAIのシンギュラリティ」

【講座案内】
人工知能(AI)研究の目的は、人間の脳をモデルに、人工の知性を作り出すことです。
そして、AIの進化はますます進み、私たち人間の知性をAIが超える未来(シンギュラリティ)がやってくるといわれているます。
しかし、人間が人間と同等の知性を創造することは果たして可能なのでしょうか?
この問題を具体的に考えると、必然的に「私たちの知性は脳が作り出しているのか?」という脳と心の問題に突き当たります。
今回は、この問題を仏教の「空」の思想を説く『般若心経』中にある仏教の認識論をベースに考えていきたいと思います。
西洋的な存在論で開発が進められるAIとそれと対極にある東洋思想の代表格・空思想を対比させることで来るべきAI時代の可能性と限界を探ります。

【タイムスケジュール詳細】
18:00 開場・受付開始
18:20 講座スタート
途中休憩あり
21:40 終了

【講座会場の詳細】
「中野サンプラザ」8階 研修室12
東京都中野区中野4-1-1
https://www.sunplaza.jp/access/
<アクセス>
JR・地下鉄東西線「中野駅」徒歩3分

【講師の牧野宗永さんのプロフィール】

小学生の頃より、お寺めぐりが趣味の子どもで、「人の幸せ」に関心を持つ。中学生のとき、ヘルマン・ヘッセの著『シッダールタ』を読み、仏教的生き方に共感、佛教大学の仏教学科に入学。故梶山雄一先生から中観思想を、小野田俊蔵先生からチベット語、森山清徹先生から偸伽行中観派の思想を学ぶ。
チベット密教の教義と実践を学ぶためにネパールのカトマンドゥへ留学し、日本とチベットの掛け橋であった故ケツン・サンポ・リンポチェに師事。五体投地十万回、金剛サッタの浄化の瞑想十万回、曼荼羅供養十万回、師の瞑想一千万回の過酷な前行を2回成就させ、チベット仏教ニンマ派の伝える密教の教えであるゾクチェンの伝授を受ける。そのほか、チベット仏教ニンマ派の高僧たちから多くの貴重な伝授、灌頂を授かり、約8年間チベット仏教僧院に滞在する。帰国後、チベット仏教の叡智を美術や教育を通して伝える「仏教文化コミュニケーター」として活動している。