「兆しを読む学問《易》〜コロナ禍を易学的に読み解く〜」(日程変更:9/18)

東京でコロナ感染者数が増加傾向にあるため、イベントの開催日程を延期致します。

(当初8/21を9/18に変更します。部屋も変更します)

—————-

2020年8月21日9月18日金曜日の夜、こやまとしのりさんの「兆しを読む学問「易」〜コロナ禍を易学的に読み解く〜」中野サンプラザの研修室で開催致します。

1回受けきりの単発講座となります。予備知識が一切なくても楽しんで学べる講座です。初対面の方でも、おひとり様でも全く遠慮なく、ぜひお気軽にご参加ください。

【主催】 四次元アイ https://4jigen-i.com/

【日時】 9月18日(金) 18:15~20:40 終了後、有志で懇親会を予定。

【場所】 中野サンプラザ 8階研修室4(東京都中野区中野4-1-1)。

【会費】 8,800円(懇親会費は別途3,300円。希望者のみ。事前申込制)。

【定員】 16名。(3人掛けの席の真ん中の席を空けて、ご着席いただきます)。

【お申込み】
「イベントお申込みフォーム」からお申込みください。
1.フォームにご記入・ご送信ください。
2.折り返し、お振込み先口座のご案内をいたします。
3.ご入金確認をもって正式お申込みとさせていただきます。

※本イベントは、コロナ渦の関係で、再度緊急事態宣言等が出た場合など、中止、延期の判断をする場合がございます。その場合、参加費用は振込手数料を差し引いてご返金をさせていただきます。ご了承ください。

【講座案内】
「易(えき)」は、今から約三千年前には成立した、変化の法則を表した陰陽の理論体系です。

たった六本の爻(こう・二本線と実線)の記号の組み合わせで、64パターンの象徴的な意味を表しています。

古代の人は、自分の外側で起こっている事象は、自分の内側にも何らかのメッセージとして現れていると考え、この「易」を用いて、人間の精神世界と自然界とが織りなす、意識と物質の共鳴現象や、その他あらゆる偶然律を、理論的に明らかにしようと試みました。

その共鳴現象や偶然律の意味を体系化し、翻訳するのが、「兆しを読む学問」と呼ばれる「易」なのです。

この外側(自然界)の事象と内側(人間)の心象が、共通のモチーフやシンボルで繋がる同調現象のことを、深層心理学者カール・グスタフ・ユング(1875〜1961)は、「シンクロニシティ」と呼びました。
※「シンクロニシティ」は、日本語では「共時性」「同時協調性」などと訳される。

たくさんの人間の想念の集積=集合無意識が、鏡として、この物質世界に現象を引き起こしているのだとしたら。

その現象に現れる、象徴的なモチーフやシンボルを紐解くことによって、その問題の今後の推移や、解決方法の糸口も、見つけられるかもしれません。

今のコロナの混乱という象徴を易学的に翻訳し、読み解くことで、この混迷する時代を生き抜くための一つの指針を、皆様に持ち帰っていただければと思います。

【タイムスケジュール詳細】
18:00 〜開場・受付開始
18:15 〜講座スタート
20:40 〜終了

講座終了後、近くの中華料理屋さんで食べ飲み放題の懇親会あり(希望者のみ)
こちらは、事前申込制で会費は3,300円(税込)
※コロナ渦の関係で懇親会は状況により、中止の判断をする場合がございます。

【講座会場の詳細】
「中野サンプラザ」8階 研修室12
東京都中野区中野4-1-1
https://www.sunplaza.jp/access/
<アクセス>
JR・地下鉄東西線「中野駅」徒歩3分

【講師のこやまとしのりさんのプロフィール】

1976年、石川県生まれ。米農家の三男として生まれる。
大学を卒業後、住宅販売会社に就職するも、人間関係に悩み6ヶ月で退職。
以後、食品会社、アパレル会社などへ次々と転職を果たすも、長続きせず、職を転々とする。
ネガティブな理由で会社を次々変える自分に嫌気がさし、「次に就職した会社は全てが最高のときに会社を辞めて独立する」という目標を掲げ、自分を鍛え上げるため、26歳のときに、当時最も過酷な職種と言われた運送業のセールスドライバーに転職。
ドライバーの仕事をしながら、以前から興味のあった占いや古典の勉強を始め、東洋最古の古典といわれる古代中国の書「易経」と出会い、その奥深さに衝撃を受ける。
易経や東洋思想の勉強を続けながら、ドライバーとして8年半勤務。
人間関係、お金、仕事の充実度、あらゆる面で最高の時だと感じた2011年、「全てが最高のときに会社を辞めて独立する」という志を貫き、会社を辞め、上京。
「コヤマオフィス」を立ち上げ、以後、易経、陰陽五行をメインとした東洋思想の講師業をスタートさせる。
これが好き / 読書、音楽鑑賞(バッハ、ベートーベン・・)、思想・哲学、東方神起、 鶏唐、タコ唐、ビール、ドイツ、北欧、温泉、花、梅・・

こやまさんのブログ
http://blog.livedoor.jp/k_toshi444/