四次元アイについて

四次元アイのホームページにようこそ。

四次元アイの高橋芳文です。

四次元アイの活動は僕が人生を楽しむ為のライフワークです。

僕は、興和サインという看板製作会社の社長をしています。
面白いアイデアを考えたり、ワクワクすることを仕掛けたり、
看板業の仕事に入魂しています。
なので、毎日の時間はアッという間に過ぎていきます。

そんな僕がなぜ、四次元アイの活動を始めたのか。
仕事をすればするほど思っていたこと。
それは目に見えない何かを感じることの大切さ。
そんな感覚を養ったり、学べる場所が、あったらいいな。
それも僕のフィルターを通して!と思ったのがきっかけです。

僕は、シャーマニズム、サイキック、スピリチャル、オカルト、陰陽五行、易、神社仏閣聖地巡りまで、色々なことを色々な先生から学んだり、色々な場所にも行ってきました。

色々な先生がいるので、あれっ?と思うこともありました。
玉石混合のこの分野で、騙されたり、惑わされたり、嫌な目に遭うことなく、
安全に、聞くべき人、信頼できる人の話を聞きたい。そう思うようになりました。

なので、自分が参加者として聞きたい人の話を四次元アイで企画したり、
自分が人の役に立てるであろうと思うことを企画を主催する。
これが四次元アイの活動ポリシーです。

四次元アイの活動テーマは、一言でいえば精神世界です。
この活動は、興和サインではできません。
なので、四次元アイが必要でした。

四次元アイのアイには、三次元のアイが三つ重なっています。
I=私、EYE=目、LOVE=愛。
そこにもう一つ、四次元のアイが加わることで、とても大切な何かを感じることができるようになるのではないか。

そんなことを思いつつ、四次元アイでは、イベントの企画と高橋芳文のトークセッションの2本柱で活動を続けて行きます。

—————-
高橋芳文プロフィール

1968年生まれ。法政大学大学院政策創造研究科博士後期課程満期退学。興和サイン株式会社の社長。四次元アイを主宰。看板図案設計士。代表作はI❤️歌舞伎町の巨大看板。『マツコの知らない世界』にも出演の看板ハンター。占術(干支術等)を看板作りに応用することに情熱を注ぐ。趣味は、四次元アイの活動、サウナ、プロレス観戦、干支術の研究など。